Information

2023年1月9日 ニュース

丸干し芋は干しこみがあまいとかびたりします。毎年1月2月の低温の中で製造していますとその心配はありません。これからは丸干しがおいしいです。

丸干しは普通の干し芋より乾燥期間が長い分、太陽に当たっていますので、色も濃く甘みも十分です。